FC2ブログ

やまけんブログ

会津若松

私はGWを使って福島県会津若松に親戚が居るので家族と一緒に行ってきました。
その時の観光した場所を紹介します。

・塔のへつり(福島県南会津群下郷町)
大川(阿賀川)が百万年の歳月をかけて、浸食と風化を繰り返した結果出来上がった見事な景観です。
国指定天然記念物の渓谷です。

IMG_2666_convert_20130526102716_convert_20130526103838_convert_20130526104143.jpg

IMG_2675_convert_20130526105059.jpg
塔のへつり一言
百万年の歳月ってのは壮大過ぎて実感わかないですけど絶景でした。

・大内宿(福島県南会津群下郷町大字大内)
南会津の山中にあり、全長約450mの往還の両側に、道に妻を向けた寄棟造の民家が建ち並ぶ。江戸時代には「半農半宿」の宿場であったが、現在でもその雰囲気をよく残し、田園の中の旧街道沿いに茅葺き民家の街割りが整然と並ぶ。

大内宿本陣跡には、下郷町町並み展示館がある。民宿や土産物屋、蕎麦屋などが多数立ち並ぶ。特に蕎麦に関しては、高遠そばの名で知られており、箸の代わりにネギを用いて蕎麦を食べる風習がある。

IMG_2690_convert_20130526110246.jpg

IMG_2698_convert_20130526110527.jpg
大内宿一言
茅葺屋根が立ち並び立派でした。蕎麦をネギで食べてる人がいましたが、とても食べずらそうでしたよ。

・鶴ヶ城(福島県会津若松市追手町)
鶴ヶ城は今から約630年ほど前に、その前身ともいえる東黒川館を葦名直盛が築いたのがはじまりと言われ、戊辰戦争では約1ヶ月に及ぶ激しい攻防戦に耐えた名城として、その名を天下に知らしめました。
明治7年に取り壊されましたが、昭和40年に再建、平成13年には天守閣に続く建物「干飯櫓・南走長屋」が江戸時代の工法・技術を用いて復元されました。天守閣の内部は郷土博物館となっており会津の歴史に触れることができます。
平成23年には赤瓦へのふき替えが完了し幕末当時の姿を再現し、現存する天守閣では国内唯一の赤瓦の天守閣となっています。

IMG_0778_convert_20130526111816.jpg

IMG_0791_convert_20130526112023.jpg

IMG_0789_convert_20130526112128.jpg
鶴ヶ城一言
堂々としたお城でした。上から眺める磐梯山は少しどんよりしてましたがすごくきれいで大きかったです。


家族と行った会津若松はとても有意義な旅行になりリフレッシュできました。

                                           土木部 T.O

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://sun8ym.blog.fc2.com/tb.php/66-708fb30b

ケノーベルからリンクのご案内(2013/05/27 08:43)

会津若松市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

 | HOME | 

最新の記事

テーマ

カレンダー

« | 2020-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別

プロフィール

やまけん

やまけん

FC2ブログへようこそ!