FC2ブログ

やまけんブログ

『伊豆七不思議』 第2弾!!

 大変長らくお待たせ?しました。
今回は、前回に引き続き『伊豆七不思議』の第2弾!!
“函南のこだま石”です!!

私が説明する前に、またまたwikipediaからの引用です↓↓↓

【昔、平井の村に『おらく』と言う母親が息子の『与一』と二人で暮らしていた。夫は戦に駆り出されて行方知れずで大変貧しい暮らしであったが、ある時村のお寺の和尚の勧めで峠を越えた熱海の湯治場へ商いに出掛けるようになった。峠道の途中に休むのに格好の大きな岩があり、二人はよく一休みしては語らうのだった。母子の暮らしがようやく楽になりかけた頃、『おらく』は病を得て帰らぬ人となってしまった。『与一』は悲しみのあまり、母と共に語らった大岩に向かい、声を限りに母を呼び続けたところ、岩の底から「与一よ~、与一よ~」と懐かしい母の声がこだまして来たと言う。来る日も来る日も懐かしい母の声を聞きに行く『与一』に村人は心を打たれ、この岩を“こだま石”と呼ぶようになってと言う。】


行く前に、この説明を読んだので「今でも大切に保存されているんだろう・・・」と思い、妻と子供を連れて見てきました
場所は、畑毛のファミリーマートさんからダイヤランドへ抜ける道の途中にあり、ダイヤランドを過ぎた辺りからキョロキョロ見回していないと、通り過ぎてしまいそうな所にあります。

KIMG0393.jpg

↑↑↑休耕地の奥にひっそりと佇む“こだま石” 写真中央

雑草の生い茂る中、近くまで行ってみました
夏になったら雑草がボウボウになって、とてもじゃないけど近くまで行けそうにありません

KIMG0394.jpg

↑↑↑近くで見るとかなりの迫力です
何年前に建てたのか分からないけど、看板が建ってました。確かにこの大岩が“こだま石”のようです。
しかも・・・読みにくと思いますが、函南町の文化財になってました
文化財にしては扱いが雑のような・・・

KIMG0395.jpg

私も念の為に母親の名前を呼んでみました すると・・・


やっぱり何も起こりませんでした
と言うか、私の母親はまだ健在でした


・・・と言う事で、残りの五不思議のリポートをお楽しみに~


                        営業部   保里
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://sun8ym.blog.fc2.com/tb.php/65-aeb0cf93

 | HOME | 

最新の記事

テーマ

カレンダー

« | 2020-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別

プロフィール

やまけん

やまけん

FC2ブログへようこそ!