FC2ブログ

やまけんブログ

寿命を延ばすのにランニングがいいらしい

「健康の為に運動するといい」という事は既存の通りですが、「ランニング」即ち”走る”ことが心臓疾患や健康上の問題から身を守り、寿命を延ばす助けになる可能性もある様です。

一般にランニングなどの有酸素運動の効果を得るには、15~30分は必要とされています。これは、脂肪が効果的に燃焼し始める時間とブドウ糖との関係にあります。
ランニングを始めると、血液中のブドウ糖が使われてから脂肪酸というものが使われ始めます。血液中のブドウ糖が消費されるのに約20分かかり、そのあと脂肪酸の濃度が高くなる様です。ところが、1日5~10分のランニングでも心疾患を予防し、寿命を延ばす効果が期待できるという調査結果が出ています。
 アメリカのアイオワ州立大学の研究グループは、18~100歳(平均44歳)の成人、5万5137人を15年間にわたり追跡調査をして、事前に対象者の走る時間や頻度、速度を調べました。対象者のほとんどは白人で、約4分の1がランニングの習慣を持っていました。
 追跡期間中の死亡例を調べた結果、定期的に走る人は走らない人より全死亡リスクが30%低く、心血管疾患もしくは脳卒中で死亡するリスクは45%も低下したそうです。また、定期的に走る人は走らない人よりも平均3年は長生きできる可能性が示唆されたそうです。

”運動”をすることが免疫系を活性化して、内分泌の代謝を改善する。人間は、動け(か)なくなれば、生命の危機に直面するという事でしょうか・・・・
 上記の研究結果からも、1日20分程度の早歩きをするだけでも、死亡リスクを30%減らせることが判明しています。その効果は「運動不足」の人が、次の「やや、運動不足」へ移るときこそ、最大限に発揮されるといいます。
 1日20分の早歩きで消費されるカロリー量は、90~110キロカロリー位です。毎日の早歩きの時間が無いとか、面倒だというなら良い方法があります。それは家事をする事です。浴室の掃除や部屋の掃除(特に雑巾がけ)を毎日すれば100キロカロリーくらいすぐ消費できます。その際は、腹筋を引き締めて、手足を意識的に大きく動かすことが必要だとか。
私も、1週間で1時間位しか「ランニング」をしていませんので、風呂掃除や部屋の掃除は自分の仕事と心得、摂取したカロリーは消費する位の気持ちで臨みたいものです。

総務部 M ・Y
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://sun8ym.blog.fc2.com/tb.php/152-088efa93

 | HOME | 

プロフィール

やまけん

やまけん

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad