FC2ブログ

やまけんブログ

なぜ玄関で靴を脱ぐのか?

古来より日本人は、「家」は神聖な場所で「外」(大地)を汚れている場所だと考えていました。

純和風建築によく見られる垣根、門、敷居、玄関、上がり框などは、「外」の汚れ侵入を防ぐための「結界」を意味していると言われています。
又、日本の気候そのものが影響した、とも言われています。

日本独自(?)の習慣で、玄関で靴を脱ぐ事は普段あまり意識しない事ですが、初めて日本の家庭を訪れた欧米人にとって、彼らの生活では玄関と「家」の中の境界がはっきりしていないので、「家」の中で靴を脱ぐという習慣が無いようです。
ドイツなどでは足裏を他人見せる事は失礼な事という概念があるようですが、一方「家」の中を汚したくない等々で玄関で靴を脱ぐ人もいるようです・・・・

では、アジア近隣諸国ではどうだろうか?と思い調べて見ますと、韓国では習慣として玄関で靴を脱ぎます。
日本ではつま先を外に向けて揃えたりしますが、韓国でこれをすると「早く帰れ」という感覚だそうです。他にも東アジア、東南アジアなどでは玄関で靴を脱ぐ地域は多いいようです。しかし、玄関と「家」の中の境界がはっきりしている訳では無いようです。

「玄関」で靴を脱ぐ、脱がない等々の習慣や概念の他に宗教的な影響も大きい国もあるようです。


日本の畳文化の上に土足は相いれない関係ですね!


※山本建設では「和テイスト」から純和風、古民家風まで、「和」に拘りたいお客様からの御依頼、ご要望にもお答え致します。

総務部 M・Y
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://sun8ym.blog.fc2.com/tb.php/102-f195e881

 | HOME | 

プロフィール

やまけん

やまけん

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad