FC2ブログ

やまけんブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会津若松

私はGWを使って福島県会津若松に親戚が居るので家族と一緒に行ってきました。
その時の観光した場所を紹介します。

・塔のへつり(福島県南会津群下郷町)
大川(阿賀川)が百万年の歳月をかけて、浸食と風化を繰り返した結果出来上がった見事な景観です。
国指定天然記念物の渓谷です。

IMG_2666_convert_20130526102716_convert_20130526103838_convert_20130526104143.jpg

IMG_2675_convert_20130526105059.jpg
塔のへつり一言
百万年の歳月ってのは壮大過ぎて実感わかないですけど絶景でした。

・大内宿(福島県南会津群下郷町大字大内)
南会津の山中にあり、全長約450mの往還の両側に、道に妻を向けた寄棟造の民家が建ち並ぶ。江戸時代には「半農半宿」の宿場であったが、現在でもその雰囲気をよく残し、田園の中の旧街道沿いに茅葺き民家の街割りが整然と並ぶ。

大内宿本陣跡には、下郷町町並み展示館がある。民宿や土産物屋、蕎麦屋などが多数立ち並ぶ。特に蕎麦に関しては、高遠そばの名で知られており、箸の代わりにネギを用いて蕎麦を食べる風習がある。

IMG_2690_convert_20130526110246.jpg

IMG_2698_convert_20130526110527.jpg
大内宿一言
茅葺屋根が立ち並び立派でした。蕎麦をネギで食べてる人がいましたが、とても食べずらそうでしたよ。

・鶴ヶ城(福島県会津若松市追手町)
鶴ヶ城は今から約630年ほど前に、その前身ともいえる東黒川館を葦名直盛が築いたのがはじまりと言われ、戊辰戦争では約1ヶ月に及ぶ激しい攻防戦に耐えた名城として、その名を天下に知らしめました。
明治7年に取り壊されましたが、昭和40年に再建、平成13年には天守閣に続く建物「干飯櫓・南走長屋」が江戸時代の工法・技術を用いて復元されました。天守閣の内部は郷土博物館となっており会津の歴史に触れることができます。
平成23年には赤瓦へのふき替えが完了し幕末当時の姿を再現し、現存する天守閣では国内唯一の赤瓦の天守閣となっています。

IMG_0778_convert_20130526111816.jpg

IMG_0791_convert_20130526112023.jpg

IMG_0789_convert_20130526112128.jpg
鶴ヶ城一言
堂々としたお城でした。上から眺める磐梯山は少しどんよりしてましたがすごくきれいで大きかったです。


家族と行った会津若松はとても有意義な旅行になりリフレッシュできました。

                                           土木部 T.O

スポンサーサイト

夏を満喫!?

ご無沙汰しております。
久々のブログ、今回は先月沖縄旅行をしたので、そのお話をしますね。

4月の上旬に一足早く夏を満喫しよう!!って思い、富士山静岡空港から出発。
しかし、残念ながら那覇空港に着いたら、三島よりも気温が低く時おり小雨がパラパラと・・・。

天気に恵まれなかったのは初日だけ、あとはお日様が顔を出したりひっこめたりで、まずまずのお天気に。
首里城からスタートし北上していき、最終日に平和祈念公園を見学して帰路へ。

今人気の「美ら海水族館」へ行き、大きな水槽の中でジンベイザメが泳いでいるのを見てきました。
グラスボート(小さな船で底がガラス)では、サンゴ礁やキレイな色のお魚ニモも元気良く泳いでいましたよ。
万座毛は、象の鼻の形をした岩が有名で、その先には東シナ海が広がっています。
沖縄 平和祈念公園
沖縄 美ら海水族館

初めての沖縄でしたが、アグー豚や海ぶどうなど美味しいものもいただき、有意義な旅でした。
ひとつ勉強になったのが、観光地で買った土産品が、国際通りで同じものをかなり安く売っていたことです。

沖縄旅行を予定している方、お土産は国際通りで買うのがベターですよ。
機会があれば、今度は離島してみたいですね。


営業管理室 A・M

『伊豆七不思議』 第2弾!!

 大変長らくお待たせ?しました。
今回は、前回に引き続き『伊豆七不思議』の第2弾!!
“函南のこだま石”です!!

私が説明する前に、またまたwikipediaからの引用です↓↓↓

【昔、平井の村に『おらく』と言う母親が息子の『与一』と二人で暮らしていた。夫は戦に駆り出されて行方知れずで大変貧しい暮らしであったが、ある時村のお寺の和尚の勧めで峠を越えた熱海の湯治場へ商いに出掛けるようになった。峠道の途中に休むのに格好の大きな岩があり、二人はよく一休みしては語らうのだった。母子の暮らしがようやく楽になりかけた頃、『おらく』は病を得て帰らぬ人となってしまった。『与一』は悲しみのあまり、母と共に語らった大岩に向かい、声を限りに母を呼び続けたところ、岩の底から「与一よ~、与一よ~」と懐かしい母の声がこだまして来たと言う。来る日も来る日も懐かしい母の声を聞きに行く『与一』に村人は心を打たれ、この岩を“こだま石”と呼ぶようになってと言う。】


行く前に、この説明を読んだので「今でも大切に保存されているんだろう・・・」と思い、妻と子供を連れて見てきました
場所は、畑毛のファミリーマートさんからダイヤランドへ抜ける道の途中にあり、ダイヤランドを過ぎた辺りからキョロキョロ見回していないと、通り過ぎてしまいそうな所にあります。

KIMG0393.jpg

↑↑↑休耕地の奥にひっそりと佇む“こだま石” 写真中央

雑草の生い茂る中、近くまで行ってみました
夏になったら雑草がボウボウになって、とてもじゃないけど近くまで行けそうにありません

KIMG0394.jpg

↑↑↑近くで見るとかなりの迫力です
何年前に建てたのか分からないけど、看板が建ってました。確かにこの大岩が“こだま石”のようです。
しかも・・・読みにくと思いますが、函南町の文化財になってました
文化財にしては扱いが雑のような・・・

KIMG0395.jpg

私も念の為に母親の名前を呼んでみました すると・・・


やっぱり何も起こりませんでした
と言うか、私の母親はまだ健在でした


・・・と言う事で、残りの五不思議のリポートをお楽しみに~


                        営業部   保里

ようやく行けました!

行ってみたかったシリーズの第何弾になるでしょうか?
2~3年前からの念願の美術館へ行ってきました。
「横須賀美術館」
市で経営しているので、中学生までは無料。大人でも通常展示だけなら¥300と格安の場所です。
以前雑誌で紹介されていて、すごくカッコイイ建物のイメージがありましたが、その通りの建物、場所でした!!
IMG_2972 のコピー
道路より見た正面。駐車場は地下にあります。白を基調にガラス張りの建物です。
鹿島建設施工だそうです。
IMG_7458 のコピー

ここが美術館内への入口。床に4本線の部分は、吹抜けの渡り廊下となっています。
IMG_1075 のコピー
渡り廊下より
IMG_4820 のコピー

図書館もあります。
IMG_8980 のコピー

屋上です。海が目の前で、最高に景色がイイです!!(^-^)
IMG_0317 のコピー
IMG_4163 のコピー
この屋上から地続きで散歩コースがあります。
そこにこんなところが・・・
森の番人がいます。
IMG_4175.jpg
横須賀ならではの跡地。砲台跡です。
海を見ると砲台を据えた小さな島も見えます。
歴史を感じますね(^_^)
IMG_1007.jpg

食事するところは1箇所しかないので、めちゃ混みます。なのでこのデリバリーのお店で頂きました。
自然食を謳ったお店で、体に優しい食事でした。
(有機野菜のカレーやリゾットなど。味も中々で、器やスプーンも木や紙でできたものでした。)
IMG_2107 のコピー

IMG_5089 のコピー
目の前の海です。磯遊びぐらいできる感じです。釣りの方が多かったですね。
観音崎が近くで、道は混みます。
海と山に囲まれた地形を生かした建物で、雰囲気がすごくいいところでした
お勧めの場所ですが、さすがに三島からですと少し遠いです
軍港めぐりや猿島など見所はいろいろありますので、早めに出て他の観光と絡めて行くことをお勧めします。
最後に横須賀ならではの場所です。どこでしょう?
IMG_3181 のコピー
正解は「ドブ板通り」でした。古いアメリカンな雰囲気で、外国の方々がたくさんいて、異国の空気が味わえる空間です。
海軍カレーが今は大人気でしたね

                                営業開発部 川村

春の野菜

5月も中旬になりました。
暖かくなりましたね!
私の実家では田んぼと畑があります。
今年は4月の下旬には田植えも終わり、ホットしています。
三島・沼津方面では6月にならないと田植えは始まらない様ですが、
例年、ゴールデンウィークは田植えとなっています。
ひと言で田植えと言っても、もみ巻からはじまって苗を育てます。
苗の発育を助ける為に、温めたりビニールハウスに入れたりで
植えるまでに25日くらいが掛かります。
苗を植える前には、田おこし・代かきなどをコマメにしたうえでやっと
植えることが出来ます。
植える前には肥料も巻き、植えた後には稲用の除草剤を散布と……

田んぼの写真を載せたかったのですが……

女房のお義母さんが作っている野菜畑を

CIMG4381.jpg


CIMG4382.jpg


CIMG4383.jpg

新たまは本当に甘くて美味しい
CIMG4384.jpg

いつもおいしく頂いています。

建築部 C.I

伊豆七不思議の一つ『大瀬明神の神池』

 突然ですが、皆さんは『伊豆七不思議』って聞いた事はありますか?
 実は私も知らなかったのですが、静岡県の伊豆半島に伝わる七つの不思議な物語の事です。
 今回は、その七不思議の一つである『大瀬明神の神池』に行って来ました。

Osezaki_cape_Aerial_Photograph.jpg
↑↑↑半島の先端にある池が神池↑↑↑  国土交通省 国土画像情報より引用


↓↓↓ 以下Wikipediaより引用 ↓↓↓
 
 静岡県沼津市西浦江梨、伊豆半島の北西端から北へ突き出した大瀬崎の先端にある、最長部の直径はおよそ100mほどの池です。
 国の天然記念物である“ビャクシンの樹林”に囲まれてはいるものの、海から最も近い所では距離が20mほど、海抜も1mほどしかなく、海が荒れた日には海水が吹き込むにも関わらず淡水池であり、コイやフナ、ナマズなどの淡水魚が多数生息している。
 駿河湾を挟んで北方およそ50kmの富士山からの伏流水が湧き出ているなどとする説もある一方、海水面の上下に従って池の水面の高さが変わるとも言われており、なぜ淡水池であるかは明らかにされていない。古くから池を調べたり魚や動植物を獲ったりする者には祟りがあるとされ、また実際に池の水が層状に分かれていた場合などには機材や人などが池に入ると取り返しのつかない環境破壊となる恐れが強いこと、透明度が低く池の底の観察が難しいと考えられること、などから今もって詳しい調査はなされていない。
KIMG0371.jpg

KIMG0375.jpg

KIMG0372.jpg

KIMG0373.jpg

↑↑↑毎日のように餌をもらっているので、人の足音が聞こえるだけでコイ達が寄って来ます

KIMG0376.jpg

KIMG0378.jpg

↑↑↑ビャクシンの樹林の中でも一際大きなビャクシン “御神木”として祀られています
ちなみに、根元にいる女の子は心霊ではありませんので・・・

KIMG0380.jpg

KIMG0367.jpg

5月上旬で、まだまだ海水浴シーズンではないのですが、さすがダイビングスポット!! ダイバー達で賑わっていました。

“神池”と言うだけの事はあって、何だかパワーをもらったような気がします。

機会があれば、残りの六不思議も行ってみたいと思います


                   営業部  保里

お薦めの公園!

前々から気になっていた公園へ行ってみました。
中々よかったので、ご紹介します。
場所は裾野市 「中央公園」 意外に中心街から近く、すぐそばに裾野西中学校があります。
たまたまなんですが、近くで弊社も2世帯住宅を新築中です(^_^)

まず入って目に入るのがこの茅葺き屋根の古民家。
IMG_4822 のコピー
中も入ってみることができます。
IMG_5009 のコピー
IMG_6352 のコピー
竈や昔ながらの立派な梁、桁などが見ることができます。
IMG_0177 のコピー
こんな森林浴のできる遊歩道空間もいいんですが、一番のオススメはここ!!

IMG_8116.jpg
こ~んな立派な吊り橋があります。
そして更にここから見るこの風景!!
IMG_2994 のコピー
なな~んと水量の多い立派な滝が・・・・(^∇^)
夏にはホント涼しく避暑できそう。
(五竜の滝というそうです。そう言えば聞いたことがありますね。)
IMG_1854 のコピー
吊り橋の入口地点。そこそこ揺れて、手を持つところが無く、高さもそれなりなので、程よく楽しいです\(^^)/
ちなみに5人までと制限があり、混んでいると少し待ち時間があります。
IMG_2531 のコピー
IMG_6003.jpg
売店やパネルのクイズがあります。
裾野ギョーザのゆるキャラがすうちゃん。売店でも水餃子が売っていました。( ´ ▽ ` )
さすが一押し。中々水餃子が売っている公園はありません!!
遊具とかはあまりありませんが、ちょっと散歩にとか、涼みにとかは絶好の場所。
三島からはそう遠くもないので、お勧めです!!
ただ一つだけ残念なことが・・・駐車場が広くないので、混み合う時間帯は駐車できないと思われます。
(と書いたんですが、後で調べたら近くに駐車場がありました。訂正します。敷地内には少ないでした。m(_ _)m)

帰りに裾野駅近くにできたコメダ珈琲で一休み(^-^)
一押しはこれ
__.jpg
シロノワール デニッシュ生地の温かいパンの上にソフトクリームのせ プラス蜜をかけて食べます。
熱、冷たいがほどよいコラボレーションしているおいしいデザートです。
一人では多いので、2~3人で食べるのがよいかも。
近いのは長泉にありますが、ココもオープンしたてで混み合います(>_<)
                          営業開発部 川村

今年で2年目

こんにちは。
建築部のY・Sです。

突然ですが、皆さんは趣味をお持ちでしょうか?
私はバスケットボール部だったこともあり、今ではそれが週2の趣味となりました。
海が好きな事もあり、こんな感じでサーフィンもやってます^^
2012081620520101-IMG_5376-440x330.jpeg
ん?って写真ですよね--;
でもちゃんと波には乗れるのです!^^;

それはさておき・・・。

バスケットボールは体育館でしますよね?
あの空間を支えている物は何だ?と不思議に思う人もいるでしょう。
さて、そこで天井を見上げるとこんな感じの光景を見た事はないでしょうか?
20090916175023860.jpg
構造の難しい話は割愛しますが、この三角形に組まれた『トラス』が天井を支えています。
このトラス構造は木造の体育館にも応用されており、意匠面でも活躍しています。


それから!体育館で話を思い出すのは、国立競技場が注目を集めました!
1353034551_photo.jpg

o0450026412287428188.jpg

設計者はザハ・ハディドという女性の建築家でしたね。
有機的なデザインをする、脱構築主義という面白い考えを持っている人です。
私も学生時は意匠の勉強をしていたので、資料を集めて参考にしたりしていました。
生い立ちや思想を調べてみると面白いかもしれません。^^

建物って色んな要素が1つになった集合体ですよね。
現在、私はその施工という要素の中で働かせてもらっています。
社会人2年目の自分は不甲斐無い事ばかりですが、良い建物が建つように、気張って行こうと思います!

それでは。

建築部 Y・S

 | HOME | 

プロフィール

やまけん

やまけん

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。